ハリウッドの有名映画、テレビ番組、広告界など芸能の幅広いジャンルのドンであるPuneet Dureja氏は「ファイト・トゥ・フェイム」に参加発表した。

 

ハリウッドの有名映画、テレビ番組、広告界など芸能の幅広いジャンルのドンであるPuneet Dureja氏が2019年8月に「ファイト・トゥ・フェイム」と正式に契約を結び、「ファイト・トゥ・フェイム」のチームと共にハリウッドアクションスターという夢への育成工場を作り上げる。

業界の人たちにとってこのハリウッドからやってきた謎のドンは決して謎めいた存在ではない。PuneetはCNSにおける毎週2時間の放送権だけでなく、70を超える国と地域のメインチャンネルでの放送権ももっているのだ。10の国の地域のGuilty Boxingの権利を所持し、200人超える各階級のボクシングの世界チャンピオンとのスポンサー契約も行なっている。Puneetは彼がラスベガスに所有するすべての試合会場を世界ボクシングチャンピオンクラブとして「ファイト・トゥ・フェイム」のために提供するという。

ところで、「ファイト・トゥ・フェイム」とは一体どんなものなのだろうか。簡潔に説明すると、「ファイト・トゥ・フェイム」とはアクションスターのリアリティショーである。実際にボクシングなどの格闘技の試合を通して各競技でのチャンピオンを選出し、それをリアリティショーのスタイルで全世界に中継する、世界規模で次なるハリウッドのアクションスターを見つけ出す。従来のスポーツ番組と異なるのは、「ファイト・トゥ・フェイム」では世界で唯一のスポーツ+映画+ブロックチェーンの三要素を取り入れた商業的な営利スタイルを採用しているところである。これはアミューズメント業界、ホテル業界、オンラインショッピング、サービス業界、仮想通貨などと経済チェーンを形成し、「ファイト・トゥ・フェイム」におけるブロックチェーンの競技ルールや商業形態、投資と運用の場を応用し、コンテストの基準と映画の基準を設ける。「ファイト・トゥ・フェイム」の技術委員会委員長であり、ブロックチェーンのゴッドファーザーであるラリーモは、「この活動が人とコンテスト、人と映画との関係を革新させるものとなる」と述べている。

Puneet氏が「ファイト・トゥ・フェイム」の娯楽委員会委員長に就任した際に以下のように述べていた。「私はハリウッド、インドなど10を超える国と地域で映画の発展のための投資、コンテスト、広告、テレビなどの活動に携わった25年以上の歴史がある。私は他の投資を手放してまでこの「ファイト・トゥ・フェイム」と手を組み、このプロジェクトは私に新たな勇気と活力をもたらした。」

各領域においてトップレベルの技術をもつエキスパートたちがチームを組んだ「ファイト・トゥ・フェイム」の全世界コンテスト委員会、映画委員会、芸能委員会、仮想通貨ショップ、世界オンライン投資と映画オンライン投資委員会、ブロックチェーン技術委員会、FFトークン取引所発行委員会の6+1で構成された組織。数百名を超えるエキスパートたちが血と涙を流し、全身全霊をかけているのはたった1つの全世界の奇跡を創るためである。

 

Similar Posts