キリンビール株式会社(社長 布施孝之)は、本年発売30年目を迎え、フラッグシップブランド「キリン一番搾り生ビール(以下、一番搾り)」をフルリニューアル。さらにおいしく進化させました。

 新しくおいしくなった新・一番搾りは大好評をいただいており、フルリニューアル後の缶の売り上げで、過去3回のフルリニューアル時を上回る「歴代売上No.1」を達成(※1)するなど、多くの方にご愛飲いただいています。

 この秋も、一番搾りのテーマである「やっぱりビールはおいしい、うれしい」を多くの方に実感していただきたく、堤真一さんによる新TVCM『一番搾り 買えない男』篇を、9月9日(月)より全国で一斉にオンエアします。

※1 2009年、2014年、2017年に「一番搾り」がフルリニューアルした後(リニューアル品製造開始から5旬後を起点に、その後)60日間の「一番搾り」(缶)出荷実績を比較

 また、歴代売上No.1の感謝を込めて、Twitterのキリン一番搾り生ビールアカウント(@ichiban_KIRIN)にてツイートされる新・一番搾りに関するキャンペーン投稿をRTしていただくと、抽選で200名様に新・一番搾り6缶パック(350ml×6本)が当たる「歴代売上No.1大感謝キャンペーン」を、9月9日(月)~9月23日(月・祝)まで実施いたします。

新TVCM概要

タイトル(出演者):堤真一「一番搾り 買えない男」篇

オンエア開始日:2019年9月9日(月)

放送地域:全国

Youtube URL:https://youtu.be/NEo0HcabpfY

おいしさで“歴代売上No.1”を達成

 4月のフルリニューアル以来好調を維持。歴代フルリニューアル時の売上No.1を達成

 「一番搾り」は1990年に発売し、「純粋さ」を追求した“一番搾り麦汁”だけを使用したビールとして、多くのビールファンに好評をいただいてきました。2017年のフルリニューアルでは、麦本来のうまみが味わえるおいしさに磨きをかけ、高いトライアル購入につながりました。

 今回のフルリニューアルでは、「一番搾り」のおいしさである“麦本来のうまみが感じられる、調和のとれた雑味のない味わい”をさらに進化させ、「ビールの魅力化」をさらに推進していきます。

 今年の4月上旬製造品から順次フルリニューアルした「一番搾り」は、 “進化したおいしさ”を高く評価いただいて、4月の販売数量が前年比約2割増に。その後も好調を続け、「一番搾り」フルリニューアル後の60日間における販売数量(缶)が、「一番搾り」史上No.1を達成しました。

“歴代売上No.1“感謝キャンペーン

 歴代売上No.1の感謝を込めて、Twitterのキリン一番搾り生ビールアカウント(@ichiban_KIRIN)にてツイートされる新・一番搾りに関するキャンペーン投稿をRTしていただくと、抽選で200名様に新・一番搾り6缶パック(350ml×6本)が当たる「歴代売上No.1大感謝キャンペーン」を、9月9日(月)~9月23日(月・祝)まで実施いたします。

◆タイトル:歴代売上No.1大感謝キャンペーン

◆応募期間:9/9(月)12:00~9/23(月・祝)24:00

◆賞品:新・一番搾り 6缶パック (350ml×6本)

◆当選人数:200名様

◆URL:https://www.kirin.co.jp/products/beer/ichiban/campaign/rekidai_201909

“おいしさ実感”のCMも大好評

  6月度,7月度のアルコール業類のCM好感度ランキングにおいて2か月連続で1位

堤真一さん(バーベキュー篇)に加え、満島ひかりさん(餃子とビール篇)、鈴木亮平さん(直帰篇)、石田ゆり子さん(お土産篇)、濱田岳さん(うなぎ篇)、足立梨花さん(ホルモン篇)の総勢6名が登場し、 「やっぱりビールがおいしい、うれしい」がもっとも感じられる瞬間・シーンに寄り添った「一番搾り」リニューアル期のCMが、 6月度のアルコール業類における銘柄別CM好感度ランキング(CM総合研究所調べ)で1位にランクインしました。また、7月度のアルコール業類における銘柄別CM好感度ランキング(CM総合研究所調べ)においても同CMが1位となり、2か月連続で1位を達成しました。

※ストーリーボードは添付リリースをご参照ください。

Similar Posts