又吉さんにとって初の試みとなる新聞小説(「毎日新聞」夕刊連載)として、平成と令和の時代をまたぎながら執筆された『人間』。

過去作『火花』『劇場』では青春のただなかにいる若者たちの夢や挫折が描かれましたが、本作は執筆時の又吉さんと同年齢となる38歳の男が主人公であり、青春のあともなお続く人生の残酷さと仄かな救済が描かれます。現時点での小説家・又吉直樹の集大成と言える作品です。

本作の刊行を記念し、又吉さんとも交流が深く、かつ、小説家としてしのぎを削る間柄でもある西加奈子さんをお迎えし、「人間であること、人間を書くこと」という、本作『人間』にも深く関わるテーマについて存分に語り合っていただきます。

『人間』書影

〈イベント概要〉

タイトル:『人間』刊行記念トークイベント

     又吉直樹×西加奈子「人間であること、人間を書くこと」

開催日時:10月20日(日)19:00開演(18:30開場)

会場  :紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA

     (東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-2 タカシマヤタイムズスクエア南館 7F)

料金  :3,000円(税別) ※書籍『人間』(10月10日発売)付き

詳細・チケット販売はこちら

https://www.kinokuniya.co.jp/c/label/20190906100000.html

〈登壇者プロフィール〉

又吉直樹(またよし・なおき)

1980年大阪府寝屋川市生まれ。吉本興業所属の芸人。お笑いコンビ「ピース」として活動中。2015年に本格的な小説デビュー作『火花』で第153回芥川賞を受賞。2017年には二作目となる小説『劇場』を発表。2018年9月より翌年5月にかけ、初の新聞小説となる『人間』を毎日新聞夕刊で連載。他の著書に『第2図書係補佐』『東京百景』などがある。

又吉直樹

西加奈子(にし・かなこ)

1977年イランのテヘラン生まれ。エジプトのカイロ、大阪で育つ。2004年に『あおい』でデビュー。2007年に『通天閣』で織田作之助賞大賞を受賞、2015年には『サラバ!』で直木賞を受賞。他にも『さくら』『窓の魚』『きいろいゾウ』『うつくしい人』『きりこについて』『炎上する君』『円卓』『漁港の肉子ちゃん』など多数の小説作品がある。

西加奈子(撮影:若木信吾)

〈『人間』書誌情報〉

著者名:又吉直樹

予価 :本体1,400円+税

仕様 :四六判、ハードカバー

頁数 :368ページ

ISBN :978-4-620-10843-8

刊行日:2019年10月10日(木)全国一斉発売(沖縄、離島を除く)

Similar Posts