株式会社ジュピターテレコム(J:COM、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井村 公彦)と、ニュース専門チャンネル「CNNj」を放送する株式会社日本ケーブルテレビジョン(本社:東京都港区、代表取締役社長: 鮫島 愼司)は、英語をもっと気軽に楽しんでいただくきっかけを作るため、25カ国107都市で英語落語を公演している、人気上方落語家の桂かい枝氏をお招きし、「J:COM×CNNj 桂かい枝の英語落語会」を2019年9月8日(日)に、「J:COM Wonder Studio」(東京ソラマチ®内)で開催。これまで300回以上行った海外公演の興味深いエピソードや、日本文化に対する海外での反応、英語上達のコツなどをご自身の経験をもとに語っていただきました。そして、カナダ人落語家、桂福龍氏が英語版古典落語を、太神楽師、ラッキー舞氏が曲芸を上演、最後は再び桂かい枝氏が登場し、英語落語で会場を沸かせました。

<イベントレポート>

■「外国人を笑わせるRAKUGOの力、目の当たりに」
当日は、落語ファンだけでなく、お子さま連れや外国人観光客など多くのお客さまが来場し、福龍さんが「寿限無」、かい枝さんが「動物園」など古典落語を英語で披露。初めて英語落語を見た方が多かったにも関わらず、会場は笑いに包まれていました。

 

■「英語上達のコツは“かっこつけないこと”」
トークショーでMCから“英語でのコミュニケーションのコツ”を問われたかい枝さんは、「伝えることが重要で、かっこつけないこと」と即答。不格好でも“伝わる経験”を重ねていけば、やがて自信がつき、緊張も解けてくるとアドバイス。日々「CNNj」などの国際ニュースを見て、日本の報道と見比べることで、時事英語も覚え、ニュースへの知識も深まるからおすすめとも語っていました。
 

■「時代や国境を越え、伝わる凄さ日々実感」
イベント後に感想を聞かれたかい枝さんは「小さなお子さんや外国人など、時代や国境を越えて伝わる落語の凄さを日々実感している。」と答え、続けて「落語を英語の辞書に載せられるくらいまで頑張りたい。」と今後の活動への意気込みを語り、締めくくりました。

 また、J:COMとCNNjは、本イベント以外にもJ:COMご加入者さまを対象とした小学生向けのご招待イベント「子ども英語デイキャンプ」を神奈川県小田原市で10月に開催します。外国人インストラクターによるゲームやアメリカ式の外遊び(キャンプアクティビティ)を通じて、言葉の壁を超える体験をしていただきます。
(応募締め切りは9月10日まで/https://c.myjcom.jp/user/event/event1160.html

両社は、今後もさまざまな取り組みやイベントを通じて、より魅力のあるコンテンツの発信と一層のお客さま満足度の向上に努めてまいります。

<イベント概要>
◆イベント名
「J:COM×CNNj 桂かい枝の英語落語会」

◆開催期間
2019年9月8日(日)

◆イベント内容
①    桂かい枝氏と桂福龍氏 トークショー
②    桂福龍氏 英語落語
③    ラッキー舞氏 太神楽
④    桂かい枝氏 英語落語

◆会場
「J:COM Wonder Studio」
(東京ソラマチ® イーストヤード5階)

◆入場料
無料

◆主催
J:COM、CNNj

◆イベント詳細WEBサイト
https://c.myjcom.jp/wonderstudio/201909_02.html

Similar Posts