大阪マラソン組織委員会では、人気アーティスト「コブクロ」の書き下ろしによる大阪マラソンの新公式テーマソング「大阪SOUL」が完成し、10月1日(火)から12月1日(日)までフリーダウンロード(無償)による配信を決定しましたのでお知らせします。

 大阪マラソン組織委員会は、新コース最初の大会を記念して、公式テーマソングの制作をコブクロに依頼、コブクロも「大阪の為なら!」ということで快諾していただき、2回連続制作していただきました!(令和元年6月17日報道発表済み)

 また、大阪マラソン組織委員会は、コブクロの「新(公式)テーマソングが、全国、そして世界に広がることで、大阪マラソンのチャリティの輪が広がってほしい。ぜひ、たくさんの方に聞いていただきたい」という思いに賛同し、新(公式)テーマソングのフリーダウンロード(無償)の実施を決定しました。さらに、沿道応援企画「ランナー盛上げ隊!」の参加者の方々にも、「新(公式)テーマソングを、歌って、演奏して、踊って、応援しよう!みんなで繋がろう!」を合言葉に、この新(公式)テーマソングをフリーダウンロードして、積極的に活用いただくことを呼び掛けています。

 なお、この大阪マラソン新公式テーマソング「大阪SOUL」は、小渕健太郎さんがこれまで幾度も大阪マラソンにランナーとして参加されたご経験を踏まえて作られた、疾走感あふれるテーマソングになっていますので、この機会に、ぜひ、ダウンロードしてお聴きください。

 さあ、みなさんも「大阪 SOUL」のメロディーにのせて、大阪マラソンのチャリティの輪を広げましょう

【フリーダウンロード(無償)概要】

ダウンロード楽曲:大阪マラソン公式テーマソング「大阪SOUL」/コブクロ

ダウンロード期間:2019年10月1日 10:00〜12月1日 23:59

ダウンロードサイト:https://eonet.jp/osaka-marathon/2019/kobukuro/

※大阪マラソン大会公式ホームページ(http://www.osaka-marathon.com)からもリンクいたします

技術協力:株式会社オプテージ

【コブクロ 小渕健太郎さんメッセージ】

今回、コブクロとして、大阪マラソンの新公式テーマソングを作らせてもらう事になりました。自分が大好きで参加している大会のテーマソングを書かせてもらえるなんて、これはミュージシャン冥利&ランナー冥利に尽きる出来事です。希望的なメロディーや 大阪らしい楽しい雰囲気も織り交ぜて、元気な作品を作りました!

コブクロの楽曲と共に大阪マラソンに参加される皆さんの気持ちが更に盛り上がることを願っています!

【コブクロ プロフィール】 

小渕健太郎(G&Vo)、黒田俊介(Vo)によるデュオ。1998年、大阪の路上でストリートミュージシャンをしていた黒田と小渕が出会い結成。2001年、シングル「YELL~エール~/Bell」でメジャーデビュー。2006年ベストアルバム「ALL SINGLESBEST」は 350万枚の売上。2007 年「蕾」が第49回日本レコード大賞を受賞。2014年NHK ソチオリンピック・パラリンピック放送テーマソング「今、咲き誇る花たちよ」をリリース。2018年9月8日には結成20周年を迎え、12月には集大成となる初のコンプリートベスト「ALL TIME BEST 1998-2018」がオリコンチャート1位 を獲得。 代表曲は「永遠にともに」「ここにしか咲かない花」「桜」「蕾」「流星」「未来」など。 また、2012年に大阪マラソンでフルマラソンを初完走。大阪マラソンアンバサダーとして、現在まで大阪マラソンに参加。自己ベストは3時間37分39秒。

Similar Posts