浜松市と株式会社dancearth(ダンスアース)との連携事業第2弾として進めていた、劇団EXILEの小澤雄太氏(※1)による浜松の食材を活用した新メニューが完成し、9月29日(日)から10月31日(木)までの期間限定メニューとして「LDH kitchen THE TOKYO HANEDA」(※2)にて提供されます。
これに伴い、9月29日に「LDH kitchen THE TOKYO HANEDA」にて下記の通り発表会を開催しました。
当日は、鈴木康友浜松市長、小澤雄太氏、秋元健一氏(浜松パワーフード学会 会長)が登壇し、新メニューの試食や開発秘話などのトークショーがステージで繰り広げられました。

【新メニュー「浜松サンドン」】2,020円(税抜き)
男 THE 飯と浜松パワーフードとのコラボとして、2020年
に浜名湖で日本初のうなぎ養殖に成功してから120年(大
還暦)を迎える事を記念し、誕生した浜名湖うなぎを使用
した絶品ハンバーガー!一見丼ぶりの様に見えるが鍋の中
にハンバーガー。小澤氏こだわりのアイデアと浜名湖うな
ぎをサンドしています。

【鈴木康友浜松市長コメント】
今回、劇団EXILEの小澤雄太さんに浜松の食材「うなぎ」を使用したメニューを開発いただき、うなぎ=ご飯の固定概念を覆すハンバーガーという形となりました。しっかりと浜松うなぎの旨味がわかる、とても美味しい「浜松サンドン」を自信をもってオススメしたいと思います。

【小澤雄太氏コメント】
浜松の国産うなぎの新鮮な味わいとLDH kitchen THE TOKYO HANEDAの雰囲気やお店のメニューを掛け合わせ今回のメニューが出来ました。わざわざ食べにくる価値のあるメニューに仕上がっていますので、ぜひみなさんに召し上がっていただきたいです。

【秋元健一氏コメント】
今まで、うなぎの美味しい食べ方として、ニンニクと塩の組み合わせが一番美味しいと思っていましたが、それを覆す小澤さんのオリジナルメニューの開発に衝撃を受けました。ぜひ、浜松食材を生かした「浜松サンドン」を召し上がっていただきたいと思います。

職人のまかない飯をコンセプトに「男THE飯」(※3)をプロデュースする小澤雄太さん(劇団EXILE)と、浜松の地元食材の可能性を追求する秋元健一さん(浜松パワーフード学会 会長)がタッグを組んで、浜松の新グルメメニューを開発。

浜松パワーフードとは…
温暖な気候や豊かな自然に恵まれた浜松・浜名湖地域では、生産・漁獲される食材が農産物約170品目、水産物約150品目にのぼります。浜松では豊富な旬の食材が豊かな食文化を育み、人々の健康を支えてきました。また、この地で17年間を過ごした徳川家康公の躍進を支えたのも浜松の食材と言われています。そうした浜松の食材、その食材を使った料理を「浜松パワーフード」としています。

明治33年(1900年)に服部倉治郎氏が浜名湖で日本初のうなぎ養殖に成功してから119年。来年2020年には、記念すべき120年の節目、“大還暦”を迎えます。
大還暦 =「2回目の還暦」という、とても希少でおめでたい周年祝い日本では、奈良時代にその長寿の祝いの習慣として、貴族たちの間で広く行われるようになったのがはじまり。「 年祝 」とも呼ばれ、長寿に達したことを喜び、それを記念する儀礼として風習化し、現代に伝わっています。

※1:小澤雄太氏について
1985年10月、東京都生まれ。劇団EXILEに所属。主な出演作は、HiGH&LOWシリーズ、ドラマ「ウルトラマンジード」、映画「劇場版ウルトラマンジードつなぐぜ!願い!!」、「越路吹雪物語」、舞台「暁の帝〜壬申の乱編〜」、舞台「⼋王⼦ゾンビーズ」など。

※2:LDH kitchen THE TOKYO HANEDAについて
LDH kitchen THE TOKYO HANEDAは羽田空港内にある上質なエンターテインメントを提供するLIVE&RESTAURANT。アーティストによる上質な音楽、空港ならではの迫力のあるビュー、そしてLDH kitchenシリーズ選りすぐりのメニューをアレンジしたオールスターメニュー、まさに3拍子そろった心からくつろげる大人の空間。

※3:男THE飯について
LDH Kitchen店舗では使えない端材を使った、料理⼈達のオリジナル料理、「下町の⾷⼈が作るまかない飯」をコンセプトにつくる「男THE飯(おとこザめし)」。小澤雄太×男THE飯は、2018年4月~11月の間に過去3回実施し、都内のLDH Kitchenにて提供。
自治体とのコラボは今回が初めて。

Similar Posts