○観光案内、ルート検索、クーポン、企画乗車券購入機能などが
一体となった観光MaaSアプリ「ことことなび」を試験的に展開

 大津市(市長:越 直美)、京阪ホールディングス株式会社(本社:大阪市中央区、社長:石丸 昌宏)と京阪バス株式会社(本社:京都市南区、社長:鈴木 一也)、日本ユニシス株式会社(本社:東京都江東区、社長:平岡 昭良)は、大津市内および比叡山においてMaaS(Mobility as a Service)実証実験を2019年11月1日(金)から実施します。

 本実験では、観光MaaSアプリ「ことことなび」にて、大津市内および比叡山の観光地にスムーズにアクセス可能な1日乗車券を発売。併せて、観光案内やルート検索機能、乗車券エリア内の観光施設などで利用できるクーポンを提供します。

 今回の実証実験は、地域事業者の協力を得ながら、行政および交通事業者が一体となって観光、飲食など地域内の様々なサービスと交通サービスを包括的に提供するMaaSの実証実験であり、地域内移動の利便性向上、誘客・周遊の促進への寄与を検証することで、大津エリアおよび比叡山エリアのさらなる活性化施策の立案に役立ててまいります。

 詳細は以下の通りです。

※本実証実験は、経済産業省・国土交通省による新しいモビリティサービスの社会実装を通じた移動課題の解決及び地域活性化に挑戦する地域や企業を応援するプロジェクト「スマートモビリティチャレンジ」の支援事業として選定されております。

1.MaaS実証実験について
概  要 観光MaaSアプリ「ことことなび」にて、観光スポットや近隣店舗等の立ち

     寄りスポット、クーポン情報等を提供するほか、鉄道・バス・ケーブル

     カー・ロープウェイが一日乗り放題の企画乗車券を販売し、地域内移動の

     利便性向上、誘客・周遊の促進の効果を検証する。
主  催 大津市、京阪ホールディングス株式会社、京阪バス株式会社、

     日本ユニシス株式会社
期  間 2019年11月1日(金)~12月1日(日) ※予定

2.観光MaaSアプリ「ことことなび」について
主な機能 ・観光スポット、近隣店舗等の立ち寄りスポット案内(無料)
     ・交通、乗換案内(無料)
     ・クーポン配信(無料) ※一部、企画乗車券購入者のみ利用可
     ・企画乗車券購入機能(クレジットカード決済)
     ・日本語・英語の2ヶ国語対応
配信期間 2019年11月1日(金)~12月1日(日) ※予定
     ※アプリは、iOSをご利用の方はApp Store、Androidをご利用の方は

      Google Playからダウンロードできます。

3.企画乗車券について
発売期間 2019年11月1日(金)~12月1日(日) ※予定
通用区間 添付のPDFデータに記載の通りです。
発売価格 (1)「ことこと 比叡山周遊」1日乗車券 大人 3,000円 小児 1,400円
     (2)「ことこと 八瀬・比叡山」1日乗車券 大人 2,700円 小児 1,200円
     (3)「ことこと 坂本・比叡山」1日乗車券 大人 2,000円 小児 850円
     (4)「ことこと 大津市内」1日乗車券 大人 700円 小児 350円
※詳細はHP(https://www.okeihan.net/recommend/cotocotonavi/)で順次公開します。

【ご参考:自動運転バスについて】
大津市、京阪バス株式会社、日本ユニシス株式会社の3者は、大津市内において自動運転シャトルバスの実証実験を11月2日(土)~8日(金)に行います(運転区間:JR大津駅前―びわ湖大津プリンスホテル前)。実証実験の詳細については、10月28日(月)実施予定の第五回大津市自動運転実用化プロジェクト会議で発表いたします。また、乗車モニターについては、10月1日(火)より、11月3日(日)~8日(金)の期間内のモニターを大津市ホームページや広報おおつ10.1号にて募集いたします。

【ご参考:大津市MaaS推進協議会について】
大津市、京阪ホールディングス株式会社、京阪バス株式会社、日本ユニシス株式会社の4者を中心として、実証実験等を実施するにあたり、関係者間で情報共有し、意見調整を図ることを目的とした大津市MaaS推進協議会を立ち上げます(会長:大津市副市長 玉井 義文)。第一回協議会の会議は10月3日(木)に大津市役所で実施いたします。

以  上

Similar Posts