住友ゴム工業株式会社は、ダンロップのスタッドレスタイヤ「WINTER MAXX」シリーズを訴求するアニメミュージックビデオ『ROAD TO YOU ~記憶に舞う粉雪~』を、2019年10月3日(木)6時より、YouTube(URL:https://youtu.be/_DidUzA7l_0)にて公開いたします。

「ROAD TO YOU ~記憶に舞う粉雪~」キービジュアル

■『ROAD TO YOU ~記憶に舞う粉雪~』について

                

『ROAD TO YOU ~記憶に舞う粉雪~』は、ダンロップのスタッドレスタイヤ「WINTER MAXX」シリーズのプロモーションの一環として制作されたアニメーション動画の第3弾です。2017年10月に公開された第1弾『ROAD TO YOU ~君へと続く道~』は現在312万回以上、2018年10月に公開された第2弾『ROAD TO YOU ~星降る丘の約束~』は現在179万回以上の動画再生を記録するなど、多くの方々からご好評いただいております。

ダンロップの『ROAD TO YOU』シリーズ第3弾となる今回は、十数年前を舞台に、雪の日に再会した幼なじみの男女が恋人になって楽しい思い出を重ね、やがて彼女の留学とともに別れを迎えるまでの切ない物語をアニメミュージックビデオとして描きました。

物語の始まりのモノローグのナレーションは、アニメ「からかい上手の高木さん」の高木さんや、「魔法つかいプリキュア!」のキュアミラクルなどの代表作を持つ、声優の高橋李依氏が担当。

楽曲は、レミオロメンが歌う冬の名曲「粉雪」を15歳のバーチャルシンガー・花譜(かふ)氏が本作品のためにカバーしています。花譜氏は2018年10月にデビューし、2018年12月に公開した「心臓と絡繰(からくり)」が199万回、2019年6月に公開された「過去を喰らう」が412万回以上再生されるなど、令和時代でブレイクすると言われている注目のアーティストです。

花譜氏のあどけなさを残しながら、一度聞いたら忘れられない存在感のある歌声で包まれた本作品は、20代後半から30代前半の男性が、原曲「粉雪」が流行った頃を思い出し、アニメミュージックビデオの物語に思わず感情移入してしまうような仕立てになっています。

本作品の制作にあたり、小説「病弱探偵 謎は彼女の特効薬」の表紙のイラストも手がける人気イラストレーター・あすぱら氏(キャラクター原案)、アニメCMや宇多田ヒカル、ももいろクローバーZなどの有名アーティストのミュージックビデオで知られる篠田利隆氏(監督・脚本)など、気鋭のクリエイターが集結しました。

なお、全国のダンロップ直営店やタイヤ販売店でも、本アニメミュージックビデオのPOPを掲示し、告知していきます。詳細はダンロップ特設サイト(https://tyre.dunlop.co.jp/roadtoyou/)よりご確認ください。

■『ROAD TO YOU ~記憶に舞う粉雪~』ストーリー

                 

物語の時代設定は十数年前。雪が降る雑踏をたくさんの人々が行き交う中、「すべての出会いは、サヨナラの始まりだ。それでも、僕らは走り出す」というモノローグが重なり、ある男女がすれ違います。ハッと何かを思い出したように振り返る男性。女性も数歩進んだ後に振り返ります。駆け寄って手と手を取り合う二人。二人は幼なじみで、この再会を機に二人は恋人になります。

恋人になってからは、ケンカをする時もありますが、楽しい時もそれ以上に。ドライブデートをする二人。雪の中で戯れたり、夕日を共に眺めたり、彼氏が彼女にたこ焼きを「あ~ん」と食べさせたり、と楽しい思い出を重ねていきます。パティシエを目指してケーキ作りの特訓をする彼女がパティスリーで働いている時は、彼氏が車で迎えに行くことも。

とある日、彼女の荷物の中からパスポートとフランスのガイドブックを見つけてしまった彼氏は、彼女がフランスに留学をすることを悟ります。

自分の決意を伝えるべく、雪の降る夜に電話で彼氏を呼び出す彼女。彼氏にパスポートを見せ、フランスに行くことを伝えると、応援する気持ちと共に彼女を抱きしめようとするが、彼女は彼氏を押し返します。彼女は、留学の決意と同時に、互いのために別れることも決意していたのです。

携帯電話でフランス留学を応援するメールを打とうとするが、悲しみがこみ上げ、大粒の涙がこぼれる男性。出発日当日、泣きながら女性が乗ったタクシーを追いかけます。女性もタクシーの中から後ろを振り向き、涙を流します。男性は必死に手を伸ばすものの、その手が再び結ばれることはありませんでした。

場所は変わり、雪原。男性の伸ばした手が拳に変わり、突き上げた拳がバタッと下ろされると、大の字に寝転がる男性の姿が。失恋の悲しみをかき消し、それでも女性を応援しようという想いからか、明るい笑顔に変わります。

ラストは、雪原を走る車の上空を飛ぶ飛行機が車を追い越して飛び去り、「走れ、愛を越えて。」というテロップが重なります。

■クリエイターのコメント

                                 

【花譜氏】

●冬の名曲「粉雪」を歌った感想や、歌う際に工夫したポイントをお聞かせください。

→とても難しかったです。小さい頃から何度も聴いている曲だったので、自信はあったのですが、いざ歌ってみると思うようにできない、ということが沢山ありました。

この曲の冬の寒い感じと、なんというか温かさのようなものをうまく表現できるように、と思って歌いました。

●レミオロメンの「粉雪」に関する思い出はありますか?

→雪が降るとみんな「粉雪」か「Let It Go」しか歌わなくなりますよね。

遊んでいる時も「こな~ゆき~」って言って雪放り投げたりして、はしゃいでいる友達がかわいかったなっていう思い出があります。世代を越えて愛されていて、雪が降るとみんな思い出す曲ってなんだかすごいな、いいな、と思いました。

【高橋李依氏】

●本作品をご覧になった感想をお聞かせください。

→お仕事のご依頼を頂いた際に「今回はキャラクターの声は息だけです」と伺い、とても驚きました。映像を見てみると、そこには言葉にしない良さが詰まっていたので、物語を邪魔せず彩れたらなと務めました。

●モノローグのナレーションをするにあたって、どのようなことを意識されましたか?

→強い意思はあるけど、誰かを否定する強さではなく、自分の中に芯がある様に……、作中に登場する女の子も男の子も優しく肯定する、背中を押す様なイメージでした。

【あすぱら氏】

●キャラクターの原案をデザインする際、最も意識したこと、こだわったことをお聞かせください。

→ふたりの関係性の脆さを感じ取れるような似通わない二人。アニメーションの中でも多くいそうな特別でない佇まいになるように制作しました。

●デザインしたキャラクターが動いているアニメミュージックビデオをご覧になった感想をお聞かせください。

→アニメーションのスタッフさんに息をふきこんでいただき、花譜さんの歌と先にいただいていたストーリーにそってキャラクターたちが振り回されることになるのだろうな、デザインしている時から妄想して、そわそわとしていました。実際、拝見して曲に合わせていきいきと動いていながら曲に合わせて物語の結末を感じさせる様子や、感情の起伏に合わせて変化していく表情がとても淡くて、妄想などあまり意味なくしっかり見守ってしまいました。

タイヤを主にグラフィカルに表現されているシーンでは、多くはセリフを残さなかった彼らの色とりどりの感情が物語の回転のスピードを緩めたり加速させたりしてゆっくりと進んでいく。自分のデザインしたキャラクターにアニメーションに関わられた方々の気持ちが折り混ぜられ、関わりの中で成長していく様子をみて「すすめ、すすめ」とみている自分も含めてこれから先もきっと前向きになっていくように感じました。

【篠田利隆氏】

●複数のクリエイターが集う今回のアニメミュージックビデオの監督をするにあたって、最も意識したこと、こだわったことをお聞かせください。

→冬の切ないストーリーを描くにあたって、ただストーリー描くだけでなくストーリーパートとエモーショナルパートにわけキャラクターの心の動きをイメージでグラフィカルに表現しました。そういう事が出来るところもアニメーションならではかな、と思っています。

ストーリーの流れを時系列通りにせず複雑にした事で受け手のイメージがそれぞれになるようにしました。

●本作品を通して、監督が最も伝えたいメッセージと一番の見どころをお聞かせください。

→人にはそれぞれの人生があり、分かれ道もある。でも前に進んで行く事しかできない。時間は逆戻りできないのだから。とは言え、進めば何処かで気持ちも前向きになるかなと。

■『ROAD TO YOU ~記憶に舞う粉雪~』 カットデータ

■声優プロフィール

高橋 李依 RIE TAKAHASHI

第5回81オーディション特別賞、日本BS放送賞、第10回声優アワード新人女優賞を受賞。代表作に『この素晴らしい世界に祝福を!』めぐみん役、『Re:ゼロから始める異世界生活』のエミリア役、『魔法つかいプリキュア!』朝日奈みらい/キュアミラクル役、『からかい上手の高木さん』高木さん役など。また、声優ユニット・イヤホンズのメンバーでリーダーを務める。

高橋 李依 RIE TAKAHASHI

■クリエイター情報

【キャラクター原案】 あすぱら ASUPARA

イラストレーター。人との関わりで生まれた感情や、季節のうつろいによる気持ちの変化を確認するためにイラストを描く。音楽や小説からの影響を日頃から強くうけており、それによって描きたいものが変わることも。音楽ではオルタナティブやマスロック、小説では短編集を好む。

【監督・脚本】 篠田 利隆 TOSHITAKA SHINODA

多摩美術大学グラフィックデザイン科卒、電通テック企画演出部、アマナ異次元を経て現在異次元TOKYOで活躍中。CM広告などの企画演出をもともとのベースにしながらも、アニメ系を中心に、ミュージックビデオ、CM、アニメーション、ライブ企画や映像ディレクションを行なっている。

【音楽】 花譜 KAF

様々な偶然により発見された類い稀な歌声を持つ15歳のバーチャルシンガー。

現在、YouTubeチャンネル登録者数は19万人を超えている。

初のワンマンライブ開催を目的に実施されたクラウドファンディングで4,000万円の支援を集め、大きな話題となった。8月1日にLIQUIDROOMで実施されたこのライブはチケット即完。それを受けてYouTube Liveでの生配信、全国各地の映画館・世界初のカラオケルームでのライブビューイングを実施し、多くの人間がこの出来事を目撃。ハッシュタグ「#花譜不可解」がTwitter世界トレンド1位となるなど大成功を収めた。

-関連リンク-

Youtubeチャンネル:https://www.youtube.com/channel/UCQ1U65-CQdIoZ2_NA4Z4F7A  

Twitter:https://twitter.com/virtual_kaf

Instagram:https://www.instagram.com/virtual_kaf/

■動画概要

                                                  

タイトル:『ROAD TO YOU ~記憶に舞う粉雪~』

楽曲:『粉雪』 

公開開始日時:2019年10月3日(木)6時

動画URL:https://youtu.be/_DidUzA7l_0

特設サイトURL:https://tyre.dunlop.co.jp/roadtoyou/

Similar Posts