警察庁「ストップ・オレオレ詐欺47〜家族の絆作戦~」プロジェクトチーム(略称:SOS47)は、2018年より、全国で被害が相次ぐオレオレ詐欺などの特殊詐欺に関する知識や防止策を分かりやすく伝え、全国47都道府県警察と連携して特殊詐欺被害を防止する為の広報啓発活動を行なっています。この度、同プロジェクトチームで特別防犯支援官を委嘱されているコロッケ氏が、「中野地域安全のつどい」に出演し、高齢者の優しさにつけこむ詐欺の怖さについて語り、「困った時には、すぐに周りや警察の方の協力を得ながら、まずは自分の身を守って欲しい」と、1人1人がすぐに防犯対策をとってほしいことを来場者に呼びかけました。

  • 訪問先レポート

『これからは、”疑っていい”時代なんだと思います。』
ステージに登壇したコロッケ氏は、昨年の「オレオレ詐欺」などの特殊詐欺の被害額が全国で約380億円に及んだことに触れた後に、「私が今、皆さんに伝えたいことは、これからは”疑っていい時代”なんです。」と語りました。
コロッケ氏は、「”身内を疑うとかっこ悪い”とか、”信用してないと思われることは嫌だ”とか思われるかもしれませんが、その優しさが命取りになり、最悪の場合は命まで奪われるような凶悪事件に繋がってしまうかもしれません。身内にだって、お金を渡さないくらいの気持ちで良いんです。」と、まずは自分の身を守ることを最優先に考えて欲しいと訴えました。
また、特殊詐欺に対する具体的な対策として自動通話録音を自宅に導入することを提案。「自動通話録音機は、電話の呼出音の前に「この通話は、迷惑電話防止のために、録音されます」という警告メッセージを流れるものです。犯人は声を録音されることを嫌うので詐欺の電話をかけることを諦めさせる上でとても有効な手段です。」と来場者に分かりやすく説明しました。
コロッケ氏は他にも、“家族だけが知っている合言葉を決めること”を詐欺対策の1つとして行って欲しいと会場に呼びかけました。「高齢の方は合言葉を忘れてしまうかもしれない。合言葉は、好きな演歌歌手や、好きな歌詞など忘れないものにして、それについてお孫さんやお子さんとお話ししましょう。こうして家族の絆を強めることで詐欺を防ぐことができます。」と詐欺被害に遭わない為の家族の絆の重要性を来場者に説きました。

  • 実施概要

■催事名
中野地域安全のつどい

■実施日
2019年10月1日(火)

■実施会場
なかのZERO 小ホール

■主催
中野警察署
中野区
中野防犯協会
中野ビル防犯協力会

■実施者
「ストップ・オレオレ詐欺47~家族の絆作戦~」プロジェクトチーム
特別防犯支援官 コロッケ氏

Similar Posts