デヴィ夫人は2019年9月に、長年支援されている国際NGO AAR Japan[難民を助ける会]から招かれ、バングラデシュのロヒンギャ難民キャンプ「テクナフ」と「クトゥパロン」を訪問しました。
本日、訪問の様子をYouTubeにて公開いたします。

 

100万人を超えるロヒンギャの人々が、ミャンマーから国境のナフ川を超え、バングラデシュへと避難している現状をみなさん、ご存知でしょうか。
ロヒンギャ難民発生の背景は、ミャンマーにて1982年に施行された改正国籍法により、135の土着民族から除外され無国籍状態状態になったことから始まります。
その後、隣国バングラデッシュへの難民流出が1978年、1992年、2016年と立て続けに発生。
そして、2017年8月25日のARSA(アラカン・ロヒンギャ救世軍)によるミャンマー警察施設の襲撃が発生し、ミャンマー軍によるロヒンギャの掃討作戦が過激化。大量流出のきっかけとなりました。

デヴィ夫人は、こうした難民を救う活動を続ける、日本生まれの国際NGO AAR Japan[難民を助ける会]を長年支援されております。

▼動画はこちら▼

 

■YouTubeチャンネルについて
【チャンネル名】デヴィ夫人 – Lady. Dewi Channel
【URL】http://bit.ly/2Xzn8aw

■デヴィ夫人について

ラトナ サリ デヴィ スカルノ Ratna Sari Dewi Sukarno
国際社交家。インドネシア元大統領夫人であり、政変後1970年パリに亡命。社交界で「東洋の真珠」とうたわれる。1990年にニューヨークに移住、国連環境計画の特別顧問として活躍。現在は活動基点を日本に置き、「デヴィ夫人」の愛称で親しまれている。2000年以降、優雅で煌びやかな衣裳と華麗な経歴、そしてどこか浮世離れした不思議な存在感で、他に類の無い独特なキャラクターと認識され、テレビなどで大活躍している。他に、講演、コメンテーターなど多様に展開。最近ではバラエティー番組への出演も多くなっている。また、国際的な基盤を活かして、NPO アースエイド・ソサエティを発足。地球規模で慈善活動を行っている。

【Twitter】https://twitter.com/dewisukarno
【Instagram】https://www.instagram.com/dewisukarnoofficial/
【blog】https://ameblo.jp/dewisukarno/

■株式会社ハローについて

【テクノロジーで新しいエンターテインメントを作る】をコンセプトに事業を展開。最新技術のR&Dを行いながら、様々な企業の商品プロモーション企画、オリジナルIP開発などを行なっています。
会社名の「helo」は「hello, hero」の略称で、世界中の優秀な人材=heroが気軽に集まり、新しい価値を生み出すことをあらわしています。

【社名】株式会社 ハロー- helo Inc.
【所在地】〒150-0034 東京都渋谷区代官山町1-6 広田代官山ビル7F
【設立】2014年3月28日
【URL】http://helo-helo.com/

Similar Posts