かつては「つぶれる」なんて想定外だった大学。ところが、2000年以降、すでに10を超える大学が募集停止や廃校に追い込まれ、今年5月にも広島国際学院大学が、2020年春からの募集停止を発表しています。これからの大学選びには、「つぶれないかどうか」という視点が不可欠。そこで10月12日発売のAERA 10月21日号は、淘汰の時代を生き残るための経営力で、33の有力私大をランキングしました。この号の表紙はミュージシャンで俳優の福山雅治さん。フィギュアスケート今季の見どころと、昨季の世界王者であるネイサン・チェン選手のインタビューも掲載しています。

今回AERAは、専修大学の小藤康夫教授の協力を得て、企業の経営状態を知るために使用する7つの指標で私立大学を分析しました。7つの指標それぞれでトップに立った大学は、東洋、日本、上智、日本女子、帝京、そして東京理科。私立大学といえば、真っ先に頭に浮かぶの早稲田と慶應義塾、いわゆる早慶ですが、経営力という観点で見れば必ずしも「2強」ではありません。記事では、各指標のトップ10大学を掲載しつつ、その背景を分析。これらの指標と、大学の教育力に直結する「科研費」「教員数」「蔵書数」などとの相関関係も具体的に示しています。

さらに、偏差値が近く、受験の際に併願されることも多い「早慶上理ICU」「GMARCH」「日東駒専」「大東亜帝国」「「関関同立」「産近甲龍」「東西女子大御三家」の各グループをレーダーチャートで比較。各大学の経営の特徴を可視化しました。日頃は、教員や学生の陰に隠れて注目されることの少ない大学職員が、意思決定や資産運用を支えている実態についてもレポートしています。

この号の表紙は、ミュージシャンで俳優の福山雅治さん。11月1日に公開される映画「マチネの終わりに」で、石田ゆり子さん演じるジャーナリストと恋に落ちるクラシックギタリストを好演しています。3ページに及ぶカラーグラビア+インタビューで語ったのは、表現者としての思い。映画で演じた天才ギタリストと自分自身を比較しながら、初めてクラシックギターに接して感じたこと、「若い才能」の登場に思うこと、「才能の枯渇」という恐怖への向き合い方などについて、率直に語っています。

フィギュアスケートグランプリシリーズの開幕を前に、羽生結弦選手の4回転半や宇野昌磨選手のコーチ不在の戦い、紀平梨花選手の4回転など、2019-20シーズンの見どころも解説。ジャパンオープン2019のために来日した昨季の世界王者、ネイサン・チェン選手のインタビューも掲載しています。

ほかにも、

  • ラグビー日本代表は「おはぎ」と「日本刀」で結束
  • バービーの車いすはアクティブ型
  • [新卒採用]「海外に1人で行ける学生」に求人200社
  • スマホ老眼は30代でも放置すれば悪化する
  • 祝・ノーベル賞 リチウムイオン電池が起こした「革命」

などの記事を掲載しています。

AERA (アエラ) 2019年 10/21 号【表紙:福山雅治】
定価:400円
発売日:2019年10月12日
https://www.amazon.co.jp/dp/B07Y222FL3/

Similar Posts