警察庁「ストップ・オレオレ詐欺47〜家族の絆作戦~」プロジェクトチーム(略称:SOS47)は、2018年より、全国で被害が相次ぐオレオレ詐欺などの特殊詐欺に関する知識や防止策を分かりやすく伝え、全国47都道府県警察と連携して特殊詐欺を撲滅する為の広報啓発活動を行なっています。この度、同プロジェクトチームで特別防犯対策監を委嘱されている杉良太郎氏が、「特殊詐欺根絶防犯の集い」に出演し、特殊詐欺が横行している背景について説明をしながら日頃から家族の会話をすることで詐欺から身を守って欲しいと、特殊詐欺根絶に向け強く訴えました。

  • 訪問先レポート

『日頃からご家族と会話をして、詐欺師からの電話を見破って。』
ステージに登壇した杉 良太郎氏は、まず特殊詐欺について、「(時代を経るにつれて)失われていった家族の絆や、なくなっていった家族間での会話に付け込んできたのが、特殊詐欺です。」と説明しました。
続けて杉氏は、「家族で会話をする機会が段々となくなり、自分の子供や孫の声が分からない。更には自身の年齢を重ねるにつれて、物忘れが酷くなってきた。こういった事情が重なってきている高齢者に対して、詐欺師たちはどうしたら騙せるかということを日々必死になって考えている。」と、特殊詐欺が起きるにあたっての要因や背景について、来場者の皆さんに具体的に説明を行いました。
また杉氏は、「人は、日々老化して生きているのだから、高齢者の当事者だけに対して”特殊詐欺に気を付けて”と呼びかけても気を付けようがないというのも実情です。」と伝えた後に、「だから日頃からご家族の方と話し合って、会話をしておけば、いざという時に怪しい電話がかかってきても相談ができるはずです。」と家族の絆で特殊詐欺から身を守ることの重要性について会場に訴えました。

『特殊詐欺の被害者が、1人もいなくなるようにしたい。』
続けて杉氏は、「皆さんの財産は、若い時から一生懸命に働いて、自分の老後の為や、子供や孫の為に貯めたお金のはずです。そんな財産をどうやったら守れるかということを考えるのですが、今日話を聞いた皆さんは、”特殊詐欺被害に遭った”なんて方が1人も出ないように、約束してください。」と切実な想いと共に、会場へ呼びかけました。
最後に、「全国でも、東京でも(詐欺の件数や被害額については、)減ってきているが、福生の地域に関していえば、増えてきているのが実情です。その為皆様からも是非、周りの方々に今日の特殊詐欺についての話をして頂き、対策をとってもらうように広めて頂きたいと思っています。真剣に特殊詐欺撲滅の為に、取り組んでいきたいと考えておりますので、皆様のご協力をお願い申し上げます。」と特殊詐欺根絶の為の決意と共に、参加者自ら特殊詐欺の対策について発信していくことをお願いしました。

  • 実施概要

■催事名
特殊詐欺根絶防犯の集い

■実施日
2019年10月5日(土)

■実施会場
瑞穂スカイホール 大ホール

■共催
福生警察署管内防犯協会
福生警察署

■実施者
「ストップ・オレオレ詐欺47~家族の絆作戦~」プロジェクトチーム
特別防犯対策監 杉 良太郎氏

Similar Posts