警察庁「ストップ・オレオレ詐欺47〜家族の絆作戦~」プロジェクトチーム(略称:SOS47)は、2018年より、全国で被害が相次ぐオレオレ詐欺などの特殊詐欺に関する知識や防止策を分かりやすく伝え、全国47都道府県警察と連携して特殊詐欺被害を防止する為の広報啓発活動を行なっています。この度、同プロジェクトチームで特別防犯支援官を委嘱されているコロッケ氏と飯豊まりえ氏が、滋賀県彦根市で行われた「ご当地キャラ博2019」に出演し、特殊詐欺に関するミニ講座を行いながら、「今まで少しずつ貯めてきた大切なお金がとられてしまうことがないように、家族の絆で特殊詐欺から身を守って欲しいです。」と来場者に強く訴えました。

  • 訪問先レポート

『身内でも疑って良い時代なんです。怪しいと思ったら毅然とした態度で断って。』
ステージに登場したコロッケ氏は、まず、昨今の特殊詐欺の被害状況について触れながら「歳をとって、少しずつ頑張って貯めてきたお金を、突然人に持っていかれるなんてこんなに寂しいことはないです。」と悲痛な想いについてコメントしました。
また、「以前は、”オレオレ詐欺”のように身内のフリをして電話をかける詐欺が横行していましたが、今は会社の職員のフリをして電話をかけてきたり、犯人が直接お金を受け取りに来るなど、特殊詐欺も手口を変えてきていま
すので、本当に気を付けて頂きたいです。」と、特殊詐欺の手口について紹介しました。

また飯豊氏は、「自分は被害に遭わないと思っていると、いつの間にか騙されてしまうのが特殊詐欺です。私たち若い世代が率先して、家族が被害に遭わないように守ってほしいなと思います。」と、家族の絆を深めて、特殊詐欺から身を守って欲しいと来場者に訴えました。
特殊詐欺への対策をとるにあたって、コロッケ氏は「私が一番言いたいことは、”身内でも疑っていい”時代なんだということです。身内だからと思うから騙されるわけですから、この電話がなにか怪しいなと思ったら、遠慮をせずに一度電話を切ったり、「今から警察にも相談してみます」などハッキリと言って断ってください。家族でしか分からない合言葉を決めることも効果的です。」と、来場者に呼びかけました。

特殊詐欺への対策方法としては、留守番電話機能の設定や自動通話録音機の導入も効果的です。
もしお持ちでなければ自治体や警察で無料で貸し出しを行っているところもあるので、是非一度問い合わせをしてください。

  • 実施概要

■催事名
ご当地キャラ博2019

■実施日
2019年10月19日(土)

■実施会場
滋賀県彦根市 四番町スクエア周辺

■主催
ご当地キャラ博in彦根実行委員会

■実施者
「ストップ・オレオレ詐欺47~家族の絆作戦~」プロジェクトチーム
特別防犯支援官 コロッケ氏  / 飯豊 まりえ氏

Similar Posts