12月21日(土)より上演開始!!

コニカミノルタプラネタリウム株式会社(本社:東京都豊島区、社長:持田啓介、以下  コニカミノルタ)は、有楽町マリオンにある「コニカミノルタプラネタリア  TOKYO」(以下 プラネタリア TOKYO)にて、12月21日(土)より朗読型生解説プラネタリウム『“きみと見た星の物語”  冬のダイヤモンド』の上演を開始します。

本作は、今注目の若手俳優が毎公演出演し、朗読を交えながら各季節の星の見つけ方や星座にまつわる神話などを紹介する生解説のライブ・プラネタリウム作品です。

★朗読を交えた生解説による新感覚のプラネタリウム作品

プラネタリウムといえば一般的に解説員が季節の星々や星座にまつわる神話などを生解説するもの、というイメージを持つ人も多いはずです。

 本作はそのプラネタリウムの原点とも言える“生解説”に朗読の要素を取り入れ、“物語”を聴きながら星空と解説を楽しむ、新感覚のライブ・プラネタリウム作品です。

 

毎公演、注目の若手俳優が2人生出演するため、その日その場で生まれるキャスト同士のライブならではの掛け合いも見どころの一つです。また、文化庁芸術祭賞をはじめ数々の受賞歴のある実力派の劇団『音楽座ミュージカル』が演出をサポート。星空の生解説と朗読による想像力の世界をお楽しみ下さい。

 

※本作が上映されるDOME1は飲食可能なプラネタリウムです。施設内に併設された「cafe Planetaria」で販売されているドリンクやフードと共にお楽しみ下さい。

★星空を通じ、想い出と再び出逢う一時間

初めてプラネタリウムを訪れたのはいつですか?

子供の頃に親と一緒に、初めての恋人を連れて、親になり子供に星空を見せたくて・・・。

本作ではプラネタリウムを訪れる機会が多い3つのライフステージをたどりながら、季節の星の見つけ方、星座にまつわる神話などをじっくり紹介します。

上演が行われる「プラネタリア TOKYO DOME1」はドームスクリーンだけでなく、壁面にも星や映像が投映できるデジタルドームシアター。満天の星々が客席をつつみ込みます。

生解説という“プラネタリウムらしさ”と朗読の要素やデジタルシアターという“新しさ”が融合した、新感覚の星空体験をお楽しみください。

※オンライン事前購入は12月7日(土)より開始します。

●朗読型生解説プラネタリウム

『“きみと見た星の物語” 冬のダイヤモンド』作品概要●

★期間:2019年12月21日(土)~ ※上演終了時期未定

★時間:約60分

★場所:コニカミノルタプラネタリア  TOKYO DOME1(多目的デジタルドームシアター)

★詳細:https://planetarium.konicaminolta.jp/planetariatokyo/program/liveact/winter_19/

※鑑賞料金を含む詳細は、上記URLよりご確認ください。

★スケジュール:https://planetarium.konicaminolta.jp/planetariatokyo/schedule/

※曜日、時節によって上映時間が異なります。上記URLよりご確認ください。

 

【キャスト一覧】

●石田 直也(いしだ なおや)

4月15日生まれ牡羊座。東京都出身。タレント・俳優。

現在フリーランスでタレント・俳優を中心に活動。特技はトランペット。LIVE ACT PLANETARIA“星にねがう夢”にも出演していた。

 

●玉元 風海人(たまもと ふみと)

9月22日生まれ乙女座。東京都出身。俳優。ワンピースエンターテイメント所属。

幼稚園でサッカー、小学校でダンスを始める。現在は趣味でフットサルやダンスの振付なども行う。俳優やアーティスト活動を中心に芸能活動を行っている。LIVE ACT PLANETARIA“星にねがう夢”にも出演していた。

 

●中村 慈(なかむら めぐみ)

6月22日生まれ蟹座。静岡県出身。声優。プロダクション・エース所属。

洋画『モーリス  4K(新録吹替版)』やNetflixにて配信中の海外ドラマ『サブリナ: ダーク・アドベンチャー』ミルドレット役、海外アニメ『マジック・スクール・バス:リターンズ』アーノルド・パールスタイン役など、海外作品の吹き替えを担当。国内アニメ「レイトン  ミステリー探偵社 〜カトリーのナゾトキファイル〜」や「私がモテてどうすんだ」にも出演。その他、声優以外にも邦画「人狼ゲーム クレイジーフォックス」では主題歌を担当するなど活躍の幅を広げている。

 

●宮西 紗矢(みやにし  さや)

12月28日生まれ山羊座。愛知出身。声優。

現在は舞台や朗読劇を中心に活動。リーディングドラマ『ヘッド本。』、三栄町LIVE×黒田勇樹プロデュース特別公演『リトルスーサイド』アンサンブル、三栄町LIVE×黒田勇樹プロデュースVol.4『偽野球虚甲子園~にせやきゅううつろこうしえん~』に出演。

 

●我妻 もえこ(わがつま  もえこ)

12月2日生まれ射手座。千葉県出身。声優。

子供から20代前半の女性が得意で、大人しい役から元気で明るい役まで幅広く演じ分けができる。声に透明感があるのも特徴でナレーションも得意としている。現在はアプリゲーム他、舞台や朗読劇を中心に活動している。ラジオドラマ『かもめラジオの世界』酒々井茉莉役、舞台劇団花鈴『ら抜きの殺意』宇藤樹里役、朗読劇『はだしのゲン』大原夏江役他。

★コニカミノルタプラネタリア TOKYOとは

有楽町は「日劇」の愛称で親しまれた旧  日本劇場をはじめ数多くの映画館や劇場が立ち並び、長きにわたり日本の文化芸能を牽引してきたエリアです。その有楽町に2018年12月19日、新たなプラネタリウムエンタテインメント施設として「プラネタリア TOKYO」がオープンしました。

本施設は、「プラネタリウムドームシアター」と「多目的デジタルドームシアター」という2つのドームに加え、「体験型VRアトラクション」、「カフェ」、「ショップ」を備えたドームシアターコンプレックスです。

           

施設名称:コニカミノルタプラネタリア TOKYO

所在地:東京都千代田区有楽町2丁目5-1 有楽町マリオン 9階

営業日:定休日なし

営業時間:10:30~22:00(最終受付は21:00)

※土日祝のみ22:30まで営業。(最終受付は21:30)

※各回の上映時間、各店舗の営業時間はホームページ等でご確認ください。

https://planetarium.konicaminolta.jp/planetariatokyo/

ご案内

インフォメーション:03-6269-9952(10:00~19:00)

【施設名称表記上のお願い】

見出し、本文で施設名称を記載いただく場合は次の優先順位で省略形をお使いください。

(1)コニカミノルタプラネタリア TOKYO

(2)プラネタリア TOKYO

※「プラネタリア」と「TOKYO」の間には半角スペースが必要です。

Similar Posts