11/15(金)から11/17(日)まで台湾・桃園市にて『2019アジアカップ台湾、日本、韓国芸能人チャリティ野球トーナメント』が開催され、日本代表チームが見事優勝しました。

この大会は両親のない子供たちのケアとその保護施設を建てること目的としたチャリティイベント。台日韓の芸能人が参加し台湾・桃園市で初めて開催されました。日本からは極楽とんぼ山本、ココリコ遠藤、おばたのお兄さんをはじめ、極楽とんぼ山本の野球チーム「チーム神様」、おばたのお兄さんの野球チーム「GATTIN」に所属する吉本若手芸人などが参加。さらに梵英心(元広島東洋カープ)、飯田哲矢(元広島東洋カープ)など元プロ野球選手も参加しました。

野球では西武ライオンズ、福岡ソフトバンクホークス、楽天イーグルス、東京ヤクルトスワローズ、その他にも、ラグビー・サンウルブズ、Bリーグ・仙台89ERSや滋賀レイクスターズ、カーリング女子・北海道銀行フォルティウスのユニフォームや各種ロゴ、グラフィックをデザインするなどスポーツデザインでは日本で随一の実績を誇る大岩Larry正志氏がユニフォームデザインを手掛けました。

11/15(金)の韓国戦は14-7で勝利、11/16(土)の台湾戦も10-1で勝利し、予選を1位通過。11/17(日)決勝は再び韓国と対戦。8-1で見事勝利し、第一回チャンピオンに輝きました。

 

決勝ではダイノジ、fumikaもパフォーマンスを披露。ダイノジはエアギターなどのパフォーマンスを行い、fumikaは「Let It Go」、「FIGHTER」、「Endless Road」の3曲を披露、球場の観客を盛り上げました。MCは台湾住みます芸人「漫才ボンボン」が務めました。

 

この大会は来年以降も開催。2020年は韓国での開催、2021年は日本での開催を予定しており、台日韓芸能界のスポーツ交流を引き続き行っていきます。

【イベント概要】
イベント名:
『2019アジアカップ台湾、日本、韓国芸能人チャリティ野球トーナメント』

日時:

11/15(金)韓国vs日本
11/16(土)
①台湾vs日本
②台湾vs韓国
11/17(日)
①準決勝(台湾vs韓国)
②決勝(日本vs韓国)

会場:桃園国際野球スタジアム
主催:BiG行動夢想家基金会 / 臺灣向陽關懷協会 / 芙瑞納股?有限公司
共催:桃園市政府体育局/桃園市政府社会局/臺灣閃亮之星明星棒球隊/韓国HAN STAR明星野球チーム/日本MCIP芸能野球チーム
スポンサー:JJS駿傑運動用品/群寶基因科技有限公司/德國吻彩集團/茂森運動行銷有限公司/台湾ミズノ股?有限公司/泰山企業股?有限公司/拿?瑪生技有限公司/諾貝爾食品有限公司
協力:臺灣向陽關懷協会(新北.桃園.新竹.苗栗.彰化.南投.雲林分会)/宇樂?樂有限公司/WBC 野球学校/大魯閣棒壘球打場/宗叡派頭資源整合有限公司/天王星國際?樂有限公司/正點?影傳播有限公司/台灣凱羅健康協会/台灣酸痛關懷協会
放送:FOX スポーツ

Similar Posts