11月18日から無料ダウンロード開始
本格的ドラマ仕立てのスマートフォンアプリ「聴くドラマ聖書」
発表会に「神」「イエス」「マタイ」「ヤコブ」登場

一般財団法人日本G&M文化財団は、日本で初めてとなる本格的ドラマ仕立ての聖書のスマートフォンアプリ「聴くドラマ聖書」を制作、11月18日より無料のダウンロードを開始したことを受け、当日都内で記者発表会を開催しました。

「聖書」はギネスブックにも登録されている、50億冊を超える発行部数を誇る世界一のベストセラーであり、世界の歴史や文化、思想に大きな影響を与えている本です。
その「聖書」の「新改訳2017」(いのちのことば社)を採用し、一言一句を忠実に表現してオーディオドラマ化した今回の「聴くドラマ聖書」は、同財団がすでに同様のスマートフォンアプリをアメリカ、韓国でリリースして多くの人に愛用され好評を博していることを背景に制作されました。日本でもこのアプリを使って1人でも多くの人に「聖書」に触れてもらいたいと無料のダウンロードを開始、俳優・声優合わせて150人の豪華キャストが1300を超える配役に挑戦していること、オーケストラによる迫力満点のBGMと効果音によって、あたかもその場にいるような臨場感が味わえることが大きな特徴になっています。

記者発表会にはゲストとして今回のアプリの収録に参加した「神」役の大和田伸也さん、「イエス」役の井上芳雄さん、「マタイ」役のつるの剛士さん、「ヤコブ」役の六平直政さんが出席。収録時のさまざまなエピソードを披露してくださいました。

「今回の収録はセリフの量が膨大で1年がかりの大変なものでした。しかも、自分が神であるということを忘れずに演じるのも大変でした。それでも崇高な気持ちを持ち続けてやり遂げることができて、今とても満足しています」(大和田さん)

「僕はクリスチャンなのですが、今までこれほど真剣に聖書を読んだことがなかったので、今回改めて聖書に接して自分にとっても実りのある時間になりました。アプリを通じて聖書の神さまの言葉に出会う人がたくさん生まれるといいですね」(井上さん)

「僕もアントニオという洗礼名を持つクリスチャンで、小さい頃、土日は必ず教会に行っていました。ですから、聖書は身近にありましたが、井上君と同じように聖書をちゃんと読んだことはありませんでした。今回の『聴くドラマ聖書』は、僕のように聖書を読んだことのないクリスチャンの方に聞いていただきたいですね。聖書にはこんなことが書いてあったのかと新しい発見ができると思いますよ」(つるのさん)

「僕は代々続く秋田のお寺の息子なので、今回のお話をいただいた時、僕で大丈夫なのかなと心配しましたが、神様に関係しているからいいかなと……。もちろん聖書は一度も読んだことはあありませんでしたが、聖書が物語だということが分かってとても勉強になりました。僕がやったヤコブは数奇な運命をたどりながらも偉大な功績を残した人なので、自分なりの感情をこめて一生懸命やらせていただきました」(六平さん)

と4人の方がそれぞれコメントした後、大和田さんが、六平さんが「伸也さんの声は世界で一番神の声にぴったり」と絶賛する声で、「光あれ!」と会を締め、会場に集まった人たちから大きな拍手を浴びていました。
 

Similar Posts