週刊朝日12月6日増大号(11月26日発売)では、スーパー銭湯アイドルとして熱烈な支持を得ている「純烈」を特集しました。表紙とカラーグラビアを撮りおろし、独占インタビューも掲載。中高年女性がハマる底なしの彼らの魅力をお届けします。

2年連続で「NHK紅白歌合戦」出場が決まった純烈。表紙とカラーグラビアの撮影では、後上翔太さん、酒井一圭さん、白川裕二郎さん、小田井涼平さん、それぞれがカラフルなスーツに身を包み、はじけんばかりの笑顔でポーズを決め、エンターテイナーとしての魅力をさく裂させました。

1月にメンバーが脱退して4人で再スタートを切った純烈ですが、インタビューでは、「今年ほどぐちゃぐちゃな一年はなかったです」と、この1年の苦労を率直に吐露する場面も。それでも「いつもマダムのユーモアと母性と愛とで僕らをもりたててくれてありがたい」とファンへの感謝を口にし、今後の活動について前向きに語っています。ファンは永久保存の一冊です。

ほか注目コンテンツは
・「若者の街」が変わる?! 渋谷の「大人化」計画進行中
大人を集客のターゲットにした大型商業施設ができるなど、東京・渋谷の街が若者の街から脱皮を図ろうとしているという。その動きを徹底レポート。

・パワハラ天国ニッポン なくならない本当の理由
トヨタ社員の自殺、労災認定などパワハラが止まらない。なぜなくならないのか、どう対処すればいいのか、専門家が解説。

・“ヘタレ”国会議員実名ランキング
議員活動の柱である「質問」「議員立法の発議」「質問主意書」の提出がゼロのトリプルゼロ委員をリストアップ。そこから浮かび上がる安倍政権の根深い問題とは…。

週刊朝日 2019年 12/6 増大号【表紙:純烈】
発売日:2019年11月26日
特別定価:本体391円+税
https://www.amazon.co.jp/dp/B07Z7437WB/

Similar Posts